FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習9回目(股関節・右ひざ極めと手元体正面・手元元位置)

1番で練習してました。
股関節を極めて、右ひざをスエーさせないように右脚の付け根が締まるように。
そうなると腰で回して行くので手元はテイクバックで体の前のままになります。
Golkichi2DR1.jpg

このまま左腕8時半くらいまで手元は体の正面。そこからは慣性に引かれた上体捻転により肩のラインだけが回っていってトップになりますが、手元は正面から外れて右側行きます。この時、右股関節の受け止めパワー最大。
ここから右股関節パワー戻しで左腰が戻りながら手元も降りてきます。
Golkichi2DR2.jpg

そして丁度HWDで手元が下り切って体の正面へ。つまり、手元下ろし切りの時に胸は手元を向いています。
そしてそれ以上左肩が左に行かないように(どちらかというと上がってい)。
インパクト直前に手元はアドレスの位置に戻りヘッドが追い越していきます。これらの動きは足と腰の動きで作られ手はほとんど使われない感覚です。
Golkichi2DR3.jpg

そして右肩が突っ込まなければ手元がロールして右手が上に来ます。
更に右肩を突っ込まさなければ軸の角度も維持され手元が頭の高さまで行きますね。
Golkichi2DR4.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

LinksDream

Author:LinksDream
「定年後はイギリスでリンクスゴルフを愉しもう」の山口信吾さんの「2年でシングルプレーヤー」に触発され、プロのコーチに見てもらおうと大東博士のゴルフ・ホーム・ドクターに巡り会い、其処でのレッスンやラウンドで感じた事をログに残して行きたくてこのブログを作りました。

さてマーフィの成功法則は私のゴルフに当て嵌まるでしょうか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。