スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月25日交野(すっかり夏の空でした)

もう梅雨も明けたかと思わせる天気でした。
空も陽光も夏のそれでした。
201106251013000.jpg

10番 DR○、95yAW+18!、(12)右0.6で2PTのPar
    気温が上がるとボールが飛びますね。

11番 DR左バンカー、直接狙えず8Iで右手前、40ySWで+10、(9)+1で2PTのBogey

12番 DR右ラフ、8I左ラフ、7Iで木下を抜いてピン下8、(10)が入って1PTのPar

13番 5Iは風で右ラフ、バンカー越えSWは+7、(5)+0.6で2PTのBogey

14番 DR○Fw、5I引っかかり左木立、7Iで100yまで出し、上り20+奥+アゲンストで9Iは+25ラフ!、SWは転がらず-4、(3)+0.5で2PTのDouble
    Gに上がるとフォロー気味でした。

15番 145yフォローで9Iは右8、(6)は-0.2で2PTのPar

16番 5Wは振り切れずやや右、ラフから7Iは上がらず砲台下へ、40ySWは止まって-8、(9)は0.2!で2PTのBogey

17番 DRがヒールで左へ。出して150y上り7Iは低くバンカー、60W開いて-16、(20)は当りが悪く-3、(4)は入らず3PTのDouble

18番 DRやや右でラフ、9IでFwへ、5Wは巻いて左手前バンカー、SW40yは右エッジ外、SWは転がらず-2、(2.2)は入らず2PTのDouble

3Par、3Bogey、3Doubleの45。


1番 DRは風で右バンカー右、つま先上がり7I短めは前の木を気にしてやや左に出てバンカー越えてロスト、右ぎりぎり狙いは○で-5y、(6)は入らず2PTのDouble

2番 DRは左ラフ、つま先下がり5I○、100y上り奥にPWは-10、(10)-1で2PTのPar

3番 6Iは右ラフ、バンカー越えSWは大き目で反対エッジ外ラフ、10ySW(4)は転がって+1.2、これを入れて1PTのBogey

4番 DRはややドロー、95y上りPWは木をよけて右へ、ラフからSWは寄らず2PTのBogey

5番 9Iは右6y、(8)は-0.1で2PTのPar

6番 DRトップ目で谷を越えずOB、9Iは左に外れ、APは寄らず2PTのTri

7番 DR右は出てきてラフ、5Iは右斜面、160y7I○でG横ラフ、SWで下1yで1PTのPar

8番 DR左ラフ、160y7I○でG横、SWで0.2で1PTのPar

9番 DR左カート道から斜面、9Iは花道、30ySW8時は止まって2PTのBogey

4Par、3Bogey、1Double、1Triの44。

DRが暴れ過ぎでスコアが纏まりませんでした。
スポンサーサイト

6月11日交野(雨は最初だけ)

朝方は激しい雨でしたがスタート前には小雨になり昼前には曇り空に変わりました。
201106110935000.jpg


練習Gは少し戻ったかと思われましたが雨もあってやはり遅めのGでした。

1番 DRは右OB、プレ4から100yAW○で-8、(9)-1で2PTのDouble
   右肩が出て少しこすり気味でした。

2番 DRは左目でラフ、7Iは余り飛ばず残り150y上り、7I○ややドローで左20y、(20)-2.5、(2.5)は入らず3PTのBogey

3番 6I右目でバンカー、60W持って行って見ると修理地扱いに。奥側のラフにドロップして60Wはやはり上がり過ぎて-6、(6)-1.5を入れて2PTのBogey

4番 DRま右に出てOB、プレ4からAW○で左4y、(3)はー0.2で2PTのDouble
   1番と同じ原因です。

5番 9Iは左奥12、(7)は-1.5で2PTのPar

6番 DRは右目で斜面、9Iで150yに出して8I打上げ○がフォローでエッジへ、10y(10)右1.2で1PTのBogey

7番 DRトップ目Fw、5I左ラフ、9I○で下の段にオン、20を(25)で-2.5、これが入らず3PTのBogey

8番 DR○でFw、140y8Iはやや左でバンカー、60Wは少し厚めに入れて-8、(9)でー1の2PTでBogey

9番 DR低めFw、135y奥上りで8I○で左6y、(4)は右下0.5で2PTのPar

2Par、6Bogey、2Double、18PTの45。
IRはまずまずですがDRの感覚が?右肩を突っ込まない様にするにはHWD以降の手元軌道を徹底する事ですね。

10番 DR低め○、105+10にAWは-16、(18)-4!、これを入れて2PTのPar

11番 DR低め○、135y9Iは止まらずG奥、16を(14)は-2でこれが入らず3PTのBogey

12番 DR低め○、150y8I○ややドローで左ラフ、21ySW1mで-1.5。これが入らず2PTのBogey

13番 3Uやや右がそのまま風で流されてOB、プレ4からSW8時で+2、(1.5)で入れて1PTのDouble

14番 DR○、5W○、120y上り9Iドローで左ラフ、18ySWで+2.5、(3)で入れて1PTのPar

15番 150y8I○で右5y、(6)+0.5で2PTのPar

16番 5W◎、130y上り9I○で左3y、(3)は入らず2PTのPar

17番 DRやや右でバンカー、8Iは90yほど、60y60W○で左6、(4)が入って1PTのPar

18番 DRやや左でバンカー、5Iは噛み50y、5W○でガードバンカー、60W開いて+15yラフ、SW60cmで+3、(4)は入らず2PTのDouble

5Par、2Bogey、2Double、16PTの42。
風と湿ったバンカーからのオーバーでDoubleが2個でした。

45+42で87でした。
プレイ後、バンカー練習を行いましたが思い切り開いて少し後ろに入れれば距離はセーブできそうです。
DRは左ひざを戻してHWDからの手元軌道を意識して、そこに持って行く事ですね。

ポイント抜き出し

自分用のポイント抜き出しです。

Fw、UT、IRで左肘を下向きにダウンを開始。HWDでは左肘は左斜め前に。
FwDownRightElbowDown.jpg
FwHWDRightElbowLeftDown.jpg

IrElsDown.jpg
IrElsHWD.jpg


IrDownRightElbowDown.jpg
IrHWDRightElbowLeftDown.jpg


↓でポイントは体の前。HWDも手元が体の前に来るように上体を右斜め前にして開かない様に。振り遅れないように。
そしてHWDがスイング弧のセンターで頭は今よりも後ろに維持。

テイクバック始動は右太腿の外旋で!


1.特にDRは引き戻しが必要。そのためにはHWDで右脇が締まり右腰前からインサイドアウト軌道が必要。左足(膝、股関節)の伸び上がりで左の壁を作りクローズド維持。
  ボールに当てに行くのではなく、伸び上がりでヘッドを走らせて軌道を作る事。

2.IRの左引っ掛けは手元が早く止まりすぎか左腰送りすぎ。アドレスの再現が左の壁になるようにすれば方向が良くなる。

いずれもボールに当てに行くのではなく、スイング軌道を作り、アドレスの手元位置を再現したインパクト形を作る事。

HWDで右肘内側を正面に向けて右脇の締まった状態に。これで右肩が出ない。RyoRightElbowFaceFront.jpg

ElsRIghtElbowFaceFront.jpg

BjRightElbowFaceFront.jpg


右ひざ不動のTBで右股関節パワーを蓄積=これが飛ばすメインパワー
右腰前で手元下ろし切りがパワー開放へ
頭を後ろに残して十分リリースの余地を残す
APはヘッドのセット位置と実際の通るところを確認


PTは背中両側の筋肉で。右でテイクバック、左でダウン。


AP7時、8時、9時は左手・左肩で押してTB。ダウンは左肘を下に向けて手元を元に。
APdownLeftElboDirection.jpg


HWDで脇を締めて右ひじの内側が前を向くビジェガス選手の8コマ目のイメージですが、これだけだとボールが右に行ってしまします。
この時の回転軸がトップで作られた右斜め軸に維持されている事で頭とクラブヘッドが引き合って加速とローテーョンが起き、フォローでも軸が維持できる形になる様です。

携帯の画面に出しているのがこれ。
江連プロのHWDです。脇を締めていく動作が自然落下につながる様に思います。
EzureHWD.jpg

ビジェガス選手
1.この辺りにヘッドをセットし
2.ひざを曲げて腰を落とし
3.右ひざを動かさず左肩でHWBへ

CB1DR.jpg
CB2DR.jpg


1.HWBから左膝を右でトップへ。頭はそこに残して、左膝を戻して手元をHWDへ。
2.SWハーフショットはハンドファーストの形を再現。左膝を右に入れるとフルショット。左膝の入り量で距離をコントロールできる。


2011年7月2日
(1)アドレスではバランスボールに腰掛けたイメージ
   手元はHWBまで体の正面TBは手元を体の正面で
   インパクトでは右肩をHWDから前に突っ込まない
   IRでは特に

MrShirasuFront.jpg
MrShirasuBack.jpg
(2)右ひざは不動で捻りを貯め、左ひざが少し右に動いてトップへ
(3)右脇はHWDで締まって

2011年6月16日
(1)セットアップのヘッド位置(10cm以上手前)でリリース。右肩は前に出ない位置になる。

2011年6月6日
(1)右肩を突っ込まないために、アドレスの右肩後ろ左前斜めのラインに沿ってHWDから振っていく。
   HWBで右足内側上に頭。頭を残して右足内側上にHWDからインパクトへ。
(2)左手首内転はテイクバックのコックそのまま。

2011年6月5日
(1)手元を下ろし切るのは勿論、そのHWDから開かない体の左脇懐を通す左腕主導のインパクトまでの手元軌道と左手首の内転によるボールを捕まえるヘッドの自然な動きが重要
(2)余計なボール打ち動作を抑えるには素振りで「打ちに行かなくてもヘッドがボールに普通に届く」という確認が有効

一週間ぶりの練習は。。。

新しく買った車(こんな奴です↓)のヘッドライト再調整で先週の日曜日から車が無く一週間ぶりの練習でした。
20110501東児が丘にて
東児が丘のゲストハウス前で。


第二に行くとちょっと雰囲気の違う男性陣が練習中。「先生」とか言う呼び名も飛び交い、ひょっとしたらアメリままさんのゴルフ部関係の方々だったかも知れません。

で、肝心の練習結果は。
IR80点、Fw70点、DR40~80点でした。
IRは左ひざ戻しと手元を左腰で戻す事で○でしたが、FWやDRでボールが左寄りになると右肩が出て打ちに行っています。
DRではヒール当りが出て交野だとOBというボールになります。

手元を下ろし切るのは勿論ですが、そのHWDから開かない体の左脇懐を通す左腕主導のインパクトまでの手元軌道と左手首の内転によるボールを捕まえるヘッドの自然な動きが重要ですね。
更に余計なボール打ち動作を抑えるには素振りで「打ちに行かなくてもヘッドがボールに普通に届く」という確認が有効で1時間半ほどの練習の後半ではDRも80点くらいの当りになりました。

たった一週間とは言えども練習をしないでおくとまだまだ頭がスイングを信頼していない事を露呈しますね。
車も帰ってきたのでこの分も取り返しに日曜日も練習に行く積りです。
プロフィール

LinksDream

Author:LinksDream
「定年後はイギリスでリンクスゴルフを愉しもう」の山口信吾さんの「2年でシングルプレーヤー」に触発され、プロのコーチに見てもらおうと大東博士のゴルフ・ホーム・ドクターに巡り会い、其処でのレッスンやラウンドで感じた事をログに残して行きたくてこのブログを作りました。

さてマーフィの成功法則は私のゴルフに当て嵌まるでしょうか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。