スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APのポイント

近距離のAP
1.手元は体の正面を維持。両手首でテニスボール保持
2.クローズドなアドレスから腹筋で上体を捻ってTB
3.ヘッドは地面に平行に

超近距離のAP
1.SWをPT積りで
2.両脇の筋肉で上げ下げ
3.10yで50cmTB
4.ヘッドは地面に平行にインパクト
スポンサーサイト

PTのポイント

0.Pingパターなのでボールは左目の下よりボール半分外
1.首の後ろを支点に
2.体の両脇の筋肉でストローク
3.長距離はFW=TB、2y以内ではFW=2*TB

IRのポイント

1.骨盤を立てたアドレス
2.体の正面に手元を維持し、左肩で押してHWBへ
  DR、FW、UTでは左肩後ろが飛球方向へ
3.HWDまでは捻転維持し、そこからねじり戻しで打ち抜く


アドレスは背筋を伸ばして、何よりも右ひざはHWBからの捻転を大腿部捻転で受け止める形に。
それによりHWDからインパクトまで右ひざが出ず、右が突っ込まず、インサイドアウトの軌道が作れる。


上体捻転でのHWBのために腹斜筋を鍛える。

昨日のラウンドとその後の練習。
右肩を突っ込ませない事でボールが上がり、ダフリも解消される。
上体捻転でタメを作ったHWB、左肩後ろが目標方向に向くくらい、から下半身と上体ねじり増しでトップへ。
トップでは左肩後ろが飛球線方向に向いた所で下半身切り替えし、右かかとにかかっている体重を右拇指丘に移して重心移動だけで、タメを維持してHWDに戻し、左足踏ん張ると肩ラインは自然に4時10時となり、右肩はそこに止まりシャフトが走る。


つかまりが良くなりドローし易くなるので注意必要だが、左腰が流れない様に。
(斜め腹筋で左腹斜筋を鍛える)
肩の線、スイングが時計の4時・10時の方向。



修正方法は、テークバックでは最初の約30cm位、右足前位までは飛球線上を

低く真っ直ぐ、コックを入れないで、体の回転でヘッドを引きます。

意識としてはヘッドを引くより、先に胸を飛球後方に向けるイメージです。

「左腕はテークバックしない」と似た様な意味になります。

これがⅤ字軌道で縦に上げてもヘッドがアウトにガバッと出ない秘訣です。
V字軌道がダフらない秘訣。


トップでは右足上に有る重心を右足付け根上に、左に移してオンプレーンで手元が下がってHWD。

HWDでは上体捻転は維持されていて、手元をここに維持して振りに行く感覚。
手元位置は体正面のまま。右肩もHWDのままで。
4Iが上がる。DRもストレートになる。



TBで右ひざ、インパクト後は左ひざタッチというイメージでシャローな軌道が実現されます。

DRはDr.のイメージで良くなりましたがIRが手前に入ります。
で、Els選手の動画でチェックしてみると、明らかにHWBの手元位置とHWDの手元位置が違います。
HWBは右足の上、HWDでは右目の下。考えてみれば下半身リードでダウンスイングに入ればその分手元は左に来ます。

Els-a.jpg
Els-d.jpg

これなら手元をアドレスの位置に戻してハンドファーストでのインパクトが作れます。
Els-e-.jpg

DRのポイント

アドレスは背筋を伸ばして、何よりも右ひざはHWBからの捻転を大腿部捻転で受け止める形に。
それによりHWDからインパクトまで右ひざが出ず、右が突っ込まず、インサイドアウトの軌道が作れる。
グリップはゆるめに。それで+αのヘッドスピードとターンが生まれる。

トップでは右足上に有る重心を右足付け根上に、左に移してオンプレーンで手元が下がってHWD。

HWDでは上体捻転は維持されていて、手元をここに維持して振りに行く感覚。
手元位置は体正面のまま。右肩もHWDのままで。
4Iが上がる。DRもストレートになる。



上体捻転維持HWDのために
1.左肘打球方向向きでセット。インパクトでだけ左肘左向きにするとヘッドが内側に入ってトウに当たる。
(IRでヘッドを内側にセットしなければならいのは左肘が打球方向に向いたセットアップになっていない為か?)
2.左肘を下向きにテイクバックするとHWBで自然にクローズドフェースになる。
  テイクバックは大腰筋・腹筋を使って。
  この時、左後背筋が引き伸ばされて捻転が深まる。
3.HWBからは右ひざ位置・向きを変えずに右大腿部を回してトップへ。右脇は締めたまま。
4.右大腿部の戻しでダウンへ。大腰筋・腹筋による上体の捻りは維持したまま左肘下向きでHWD。
5.HWDからは上体の捻転と伸ばされた背中筋肉(左側メイン)の収縮による引っ張りで加速振りぬき。左肘打球方向きでインパクト。


ごるきちさん曰く
フォローで左サイドを飛球後方に引くのは左肩ではなく背筋です。

肩甲骨はヘッドに引っ張られ腕が伸びて外転したままで、

左肩自体はなで肩のままです。

遠心力に対抗するカウンターバランススイングでは、

体の後ろ側の筋肉群、背筋がメインになります。

押すより引くですね。


ゴルキチさんの教えでもう一つ重要なものが手元はV字というかレ字というもの。
これはHWBまでは上体の捻転で、手元は体の正面で、つまり左肩も右移動。手元は緩やかな軌道。
そこからは下半身で上げるので左肩は止まっていて手元は急角度で上がってトップへ。
意識はヘッドに置いて大きなアークで。HWB少し手前8時から下半身で上げ、トップから緩やかに腕・クラブの重さでHWDから8時辺りまで落下させながらそこに上体捻り戻しを加えてヘッドを加速して安定した軌道でインパクトへ。

HWDまでは下半身で手元が降りてくるのでほとんど垂直か外に少し膨らんだライン。HWDで最下点となり左背中で引くことにより斜め左上への直線的が動きになります。
プロのスイング動画を見てもDRからFW、IRまでその通りです。
その結果、ヘッドはシャローな軌道を描き、長いインパクトゾーンが作られます。


Dr.のHPから。
まさに上体捻転維持HWDの重要性を言われています。

「重大な欠陥」

「トップ・オブ・スイングから右手でヒットすることは、ほかのいなかる欠陥にも劣らす多くのショットを失敗させてしまう。 

中略

ダウンスイングは、ゆっくりはじめなければならないことを常に念頭におく必要がある。 

なぜならそれこそ最も重要な段階でスイングを狂わせないようにする手段だからである。 

トップ・オブ・スイングに達して、ダウンスイングに移ろうとするとき、もてるパワーにすべてを使おうとする傾向がある。 

その時に右手をあまり早く使いすぎると多くのトラブルが発生する。 

しかしリストがコックを保っている間に右肘を体側に戻すことだけを考え、ゆったりしたペースでそれをおこなえば、

正しい始動が可能になって、スイングのスピードをあげ、それを効果的に利用することができる。
 

飛球線と交差するようにボールをヒットすることを可能にするのは、このアクションである。」

切り替えしはとっても重要なポイントなことは、以前から強調しておりましたが、

改めてボビー・ジョーンズの言葉を読み返すと再度認識を新たにした次第です。



こちらはエイジシュート675回という日本一のエージシュター植杉幹蔵さんのスイングです。
御歳86歳ながら230yのDR飛距離!
AS1.jpg
AS2.jpg
上体捻転によるHWB。フェースもちゃんとクローズドになっています。
AS3.jpg
そこから下半身でトップへ。
AS4.jpg
左肘下向きにHWD。上体の捻転は維持されいます。
AS5.jpg
左肘打球方向、ビハインド・ザ・ボール、斜め右に跳び上がっているように見えるほどの引き戻し。
体を使った素晴しく合理的なスイングですね。

↓はイメージとしては有効。
HWDまで上体捻転を維持するために。
アドレスは上体捻転したままのHWDの姿勢から足でアドレス位置に持って行って作る。
その反動でテイクバックし右股関節で受け止めてHWDに。
ここまでを足で動かして上体の捻転は維持する。

HWBまでは上体の捻転で上げ、そこから下半身を直線的に使ってトップへ。右ひざは出来るだけ動かさず右股関節で受け止めて左に切り返し。
HWDは右足の前。(IRでは右目の下)そこまで上体の捻転は維持したまま下半身の直線的な切り替えしで戻し、そこから捻転で加速します。
下半身を直線的に使う事で上体の捻転と意識を分ける事ができ、捻転の維持によるタメが容易になります。

細かい点ではHWBで若干クローズド(斜め下向き)なフェース角度を付けトップからHWD・インパクトまでそれを維持する事。ボールのヘッド1つ手前でのアドレスの再現。右肩もアドレス位置に止め、突っ込ませなければ方向も安定します。


上半身は捻転、下半身は直線運動。
そうすればダウンで下半身が直線でもどり、上体の捻転は維持できる。
ダウンでの下半身もどりはスイングの一部。HWDではこれにより4分の1ほどスイングが行われている。HWDから上体のねじりもどしが加わるが、スイング自体は下半身により行われている。
長くて振り遅れ気味になるDRは右足前で振ってしまうイメージ。
*HWDからインパクトまでのの右肩の動きはアドレスの位置まで
*アドレスの再現はボールよりもヘッド1つ手前で

テークバックで左肩さえ低く入れれば起き上がらない。

「肩の縦回転」で腰の引け、回り過ぎ、オーバースイングが信じられない位簡単に止まります。

要するに右壁が強固になります。

すると、自然にトップでシャフトが飛球線と水平、平行に。

注意点は、トップで右肘は真下向き。多少きついですが。。

右腰も引けなければ、右股関節からはずれず、

右足が生き、捻転が溜まり、右脚は外旋・外転でフルパワーで使えます。

右脚がスイングの命ですよ。



ややクローズド(2cm)で右へのスエイとスライスを防止。ボールがやや左にある感覚になって右に行きにくい。また、強く振ってもボールが捕まる。
テイクバックはまずヘッドが右足前までは左肩でヘッドを押す。そこから下半身を使ってHWDへ。
DrDRa.jpg

始めから体で回すとヘッドがオープンになってしまうが、こうするとHWDでフェースがやや下向きになりスライスが防げる。(Dr.のビデオでも)
DrDRb.jpg

そこから右肩が後ろに来る位に上体を捻転してトップへ。右脇は慣性で開く。
DrDRc.jpg

ダウンは下半身(左腰?)から。上体はHWDまでそのまま、トップで慣性で開いていた右脇が締まる程度。これはトップでも占める感覚でも良いはず。
DrDRe.jpg

HWDで左ひざは止まり、上体捻り戻しと腕の振りで加速を加えながら振り切る。
DrDRf.jpg
DrDRg.jpg


DRでHWDまで上体はそのまま。下半身の戻しでHWDまで持っていき、そこから上体のねじり戻しで加速を続け一気にローテーション。
右肘はHWDまで締めたまま。右肩はHWDの位置で止めて。

IRも脇を締めてHWD=クローズド。そこからハンドファーストなインパクトを再現。



足で手元をインサイドアウトに動くように振る。
テイクバックも下半身で。右ひざは動かさず。
上体(腹筋)も有効に使って深いテイクバック。無理に腕でテイクバックを深めない。

足で手元を動かす。手で動かすのではない。
それならトップからHWDまで重力で落とすというのが可能となる=足が待っていれば良い。
強く打つ時にテイクバックで下半身で強く速くのも下半身でなら手元が崩れない。

手元インサイドアウト軌道によってストレートからドロー軌道になる。
右ひじが左ひじの下で「右腕を短く」構える事も重要。

安楽流
1.フォワードプレスからテイクバックを速くする事でスイングを速くできる。
2.テイクバックでは右足への下向きと上向きの力で手元を上に。
3.HWDへ自然落下で力を結合。
4.左足への踏み込みから踏み続ける。
5.フィニッシュは両腿を締めて手元を回転させる。

体の正面での振り切りの基準は右肩がアドレスの位置に戻ったらそれ以上前に出さず、手元中心にクラブを回す。
アドレスの右肩位置に注目。
GalAddress.jpg

HWD後、体の正面で振り切る。右肩の位置に注目
GalFrontHands.jpg

インパクト直後。右肩はほとんど動いていない
GalImpact.jpg

IRもFW、UTも同じ。右肩がアドレスの位置というのが体の前で振り切る感覚の基準。
もう一つは両肘は常に下向き。



インプレスでフェードさせないためには
5Wや3Uでも有効と思われる
1.手元インサイドアウトの軌道ながらフェース=左手甲は目標方向=よりクローズド
2.HWDから打ちに行くのではなく、そこを基点に振り始める
絶対に右肩を出さない事。極端に左に行くボールになる。

1.バランスボールアドレスから右太腿時計回り回転でHWB。トップからも反時計回りでHWD。
  テイクバックでは右ひざを動かさない事。スエイを防止し、右股関節で体重移動を受け止めて切り返しの力にする。

2.捻られた上体はHWDまでそのまま。それで脇の閉まったクローズドな形。それでタメができ、上体の捻り戻しも入ってヘッドが走る。
  HWDで左手甲が正面に。意識の上では斜め下向き位。

3.インパクトはアドレスの再現。手元位置も目標方向を向く左手甲の向きも。
  特に手元位置は絶対!

あるページで見つけた比較画像。
帽子のひさしを残すイメージだそうです。
Jyukoumae.jpg
Jyukougo.jpg
確かに頭が残り、右肩も突っ込まず、手元も引き戻されています。
前がアウトサイドインのカット軌道なら、後はインサイドアウトになっているでしょう。

続いて額賀プロのインパクト。
バイザーのひさしが残り、左頬が目標方向を向いています。
NukagaHead.jpg

左肘の向き
1.HWBまで下向き
2.HWDからフォロー腰の高さまでアークの外向き
NukagaHwbElbow.jpg
NukagaDownElbow.jpg
NukagaHwdElbow.jpg

ElsHwbElbow.jpg
ElsDownElbow.jpg
ElsHwdElbow.jpg

ポイント抜き出し

自分用のポイント抜き出しです。

Fw、UT、IRで左肘を下向きにダウンを開始。HWDでは左肘は左斜め前に。
FwDownRightElbowDown.jpg
FwHWDRightElbowLeftDown.jpg

IrElsDown.jpg
IrElsHWD.jpg


IrDownRightElbowDown.jpg
IrHWDRightElbowLeftDown.jpg


↓でポイントは体の前。HWDも手元が体の前に来るように上体を右斜め前にして開かない様に。振り遅れないように。
そしてHWDがスイング弧のセンターで頭は今よりも後ろに維持。

テイクバック始動は右太腿の外旋で!


1.特にDRは引き戻しが必要。そのためにはHWDで右脇が締まり右腰前からインサイドアウト軌道が必要。左足(膝、股関節)の伸び上がりで左の壁を作りクローズド維持。
  ボールに当てに行くのではなく、伸び上がりでヘッドを走らせて軌道を作る事。

2.IRの左引っ掛けは手元が早く止まりすぎか左腰送りすぎ。アドレスの再現が左の壁になるようにすれば方向が良くなる。

いずれもボールに当てに行くのではなく、スイング軌道を作り、アドレスの手元位置を再現したインパクト形を作る事。

HWDで右肘内側を正面に向けて右脇の締まった状態に。これで右肩が出ない。RyoRightElbowFaceFront.jpg

ElsRIghtElbowFaceFront.jpg

BjRightElbowFaceFront.jpg


右ひざ不動のTBで右股関節パワーを蓄積=これが飛ばすメインパワー
右腰前で手元下ろし切りがパワー開放へ
頭を後ろに残して十分リリースの余地を残す
APはヘッドのセット位置と実際の通るところを確認


PTは背中両側の筋肉で。右でテイクバック、左でダウン。


AP7時、8時、9時は左手・左肩で押してTB。ダウンは左肘を下に向けて手元を元に。
APdownLeftElboDirection.jpg


HWDで脇を締めて右ひじの内側が前を向くビジェガス選手の8コマ目のイメージですが、これだけだとボールが右に行ってしまします。
この時の回転軸がトップで作られた右斜め軸に維持されている事で頭とクラブヘッドが引き合って加速とローテーョンが起き、フォローでも軸が維持できる形になる様です。

携帯の画面に出しているのがこれ。
江連プロのHWDです。脇を締めていく動作が自然落下につながる様に思います。
EzureHWD.jpg

ビジェガス選手
1.この辺りにヘッドをセットし
2.ひざを曲げて腰を落とし
3.右ひざを動かさず左肩でHWBへ

CB1DR.jpg
CB2DR.jpg


1.HWBから左膝を右でトップへ。頭はそこに残して、左膝を戻して手元をHWDへ。
2.SWハーフショットはハンドファーストの形を再現。左膝を右に入れるとフルショット。左膝の入り量で距離をコントロールできる。


2011年7月2日
(1)アドレスではバランスボールに腰掛けたイメージ
   手元はHWBまで体の正面TBは手元を体の正面で
   インパクトでは右肩をHWDから前に突っ込まない
   IRでは特に

MrShirasuFront.jpg
MrShirasuBack.jpg
(2)右ひざは不動で捻りを貯め、左ひざが少し右に動いてトップへ
(3)右脇はHWDで締まって

2011年6月16日
(1)セットアップのヘッド位置(10cm以上手前)でリリース。右肩は前に出ない位置になる。

2011年6月6日
(1)右肩を突っ込まないために、アドレスの右肩後ろ左前斜めのラインに沿ってHWDから振っていく。
   HWBで右足内側上に頭。頭を残して右足内側上にHWDからインパクトへ。
(2)左手首内転はテイクバックのコックそのまま。

2011年6月5日
(1)手元を下ろし切るのは勿論、そのHWDから開かない体の左脇懐を通す左腕主導のインパクトまでの手元軌道と左手首の内転によるボールを捕まえるヘッドの自然な動きが重要
(2)余計なボール打ち動作を抑えるには素振りで「打ちに行かなくてもヘッドがボールに普通に届く」という確認が有効

プロフィール

LinksDream

Author:LinksDream
「定年後はイギリスでリンクスゴルフを愉しもう」の山口信吾さんの「2年でシングルプレーヤー」に触発され、プロのコーチに見てもらおうと大東博士のゴルフ・ホーム・ドクターに巡り会い、其処でのレッスンやラウンドで感じた事をログに残して行きたくてこのブログを作りました。

さてマーフィの成功法則は私のゴルフに当て嵌まるでしょうか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。